佐藤竹善、松田弘ら参加のカヴァー・ベスト・ライブで新旧取り揃えた珠玉カヴァーを披露!5月は大阪公演、6月末には名古屋公演も

佐藤竹善、松田弘ら参加のカヴァー・ベスト・ライブで新旧取り揃えた珠玉カヴァーを披露

SING LIKE TALKINGの佐藤竹善(Vo.)が、4月8日(土)に東京 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて【佐藤竹善 Live! The Best Of Cornerstones 東京】を開催した。

1995年にリリースしたソロ活動における1stカヴァー・アルバム『CORNERSTONES』より22年。昨年秋には新日本フィルハーモニー交響楽団との共演で話題を呼んだ『CORNERSTONES』シリーズ通算6作目『「My Symphonic Visions ~CORNERSTONES 6~ feat. 新日本フィルハーモニー交響楽団」に加えて、それまでの選りすぐりのカヴァーを集めた3枚組のベスト盤『The Best of Cornerstones 1 to 5 ~The 20th Anniversary~』をリリース。その集大成とも言うべきステージとして用意されたのが、この日のライブだった。

当然、出演するバンド・メンバーも豪華だ。ご存知サザンオールスターズの松田弘(Dr.)をはじめ、サックスからキーボードやピアノとそれぞれにトップ・レベルの実力を持つ多才なプレイヤー 大島俊一(Sax.)、ポップスからアイドルまで手がける名アレンジャーとしても名を上げる安部潤(Key.)、海外での留学経験を活かした幅広いプレイスタイルで数々のトップ・アーティストをサポートしてきた河野充生(Ba.)、そして昨年は布袋寅泰の“ソロデビュー再現GIGS”のサポートでも存在感を示した黒田晃年(G.)と歴戦のプレイヤーたちが集い、日本屈指の名ボーカリストである佐藤竹善の記念碑的なライブを、(オーケストラ演奏が主目的の→トルツメ)かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールという大舞台で行う。まさに珠玉の音楽体験をたん能できる1日となったのだ。

ライブは「What You Won’t Do for Love」よりスタート。“風のシルエット”の邦題でも知られるボビー・コールドウェルのカヴァーになるが、あたたかみのあるサウンドに乗せたソウルフルな歌声で幕を開けると、ロンドン駅構内の喧騒から始まる「Last Train to London」(原曲:エレクトリック・ライト・オーケストラ)、「Whatcha’ Gonna Do for Me」(原曲:チャカ・カーン)と、まずは『CORNERSTONES』シリーズの初期作に収録されてきた洋楽の名曲を畳みかけて観客の舌鼓を誘う。

また、このステージはフルバンド構成のみならず、中盤にはピアノ伴奏のみで「Losing You」(原曲:ランディ・ニューマン)を披露するパートも用意されていた。オーガニックなサウンドでより際立つ佐藤竹善の歌声に場内から歓声が上がると、さらにはステージにひとり残った彼が、先に紹介したシリーズ最新作『My Symphonic Visions ~CORNERSTONES 6~feat. 新日本フィルハーモニー交響楽団』収録音源を使用し、「Africa」(原曲:TOTO)などを歌い上げる一幕まで。様々なスタイルでその美声を楽しむことができる、ファンはもちろん音楽ファンの多くにとって至福の時というべきアクトが続いていく。

終盤は「雪の華」(原曲:中島美嘉)や「サヨナラ」(原曲:GAO)、「生まれ来る子供たちのために」(原曲:オフコース)といった邦楽屈指の名バラードで歓声を集め、時には客席まで下りてひとりひとりにマイクを向けて一緒に歌うことを求める茶目っ気も。最後はアンコールにも応じ、「雨の物語」(原曲:イルカ)、「Change The World」(原曲:エリック・クラプトン)と邦洋の歴史的名曲から、弾き語りによる「炎のたからもの」(原曲:BOBBY)で締めるという渋みの効いたエンディングで大喝采を集めたのだった。

なお、この【佐藤竹善 Live! The Best Of Cornerstones】は第2弾として6月30日(金)、愛知(は→トルツメ)Zepp Nagoyaでも公演が開催され、この日と同じバンド・メンバーが揃うことが決定している他、5月4日 (木・祝)大阪:オリックス劇場で開催される毎年恒例の佐藤竹善主催イベント「Cross your fingers 19」にも同バンドで登場する。
佐藤竹善という日本が誇る稀有な才能が、屈指のプレイヤーたちと打ち鳴らす極上の音楽の数々。こちらの公演も絶対に見逃せない一夜となりそうだ。

◎公演情報
【佐藤竹善 Presents Cross your fingers 19 ~Cornerstones Anniversary Contents~】
5月4日 (木・祝)大阪:オリックス劇場
OPEN 17:00 / START 17:30
料金:前売:7,800円(税込)
出演:佐藤竹善・塩谷 哲・大儀見 元
ゲスト:上白石萌音・澤田かおり・Skoop On Somebody・竹原ピストル・Ms. OOJA・
矢井田瞳
ゲストバンド:松田弘(Dr)、大島俊一(Sax & Key)、安部潤(Key)、河野充生(Ba)、黒田晃年(G)

問い合わせ:ソーゴー大阪 06-6344-3326 (平日 11:00 ~ 19:00)
備考:未就学児童入場不可

【Live! The Best Of Cornerstones】
6月30日(金) 愛知 Zepp Nagoya
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:全着席指定 前売 7,800円(税込 / ドリンク代 別途 500円)
一般発売:5月27日(土)10:00
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
備考:未就学児童入場不可
バンドメンバー:松田弘(Dr)、大島俊一(Sax & key)、安部潤(Key)、河野充生(Ba)、黒田晃年(G)

◎CD情報
佐藤竹善
AL「The Best of Cornerstones 1 to 5 ~ The 20th Anniversary ~」
UPCH-2100/2価格:3,900円(税抜)
AL「My Symphonic Visions ~CORNERSTONES 6~ feat. 新日本フィルハーモニー交響楽団」UPCH-2099価格:3,000円(税抜)

SING LIKE TALKING
SG「6月の青い空」
○通常盤*CD2枚組 2,500円(税抜)
Disc 2に28/30野音ライブ音源を約10曲収録
○UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤*CD3枚組 3,500円(税抜)
Disc 2.3に28/30野音ライブ音源を17曲収録
※タイアップ
読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」エンディングテーマ
映画「Music Of My Life」主題歌今秋公開予定

◎映画情報
「Music Of My Life」今秋公開予定
ファンから寄せられた「私とSING LIKE TALKING」のエピソードをドラマ化し、2016年8月6日に東京・日比谷野外大音楽堂にて開催された「SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky ~シング・ライク・ホーンズ~」のライブ映像とクロスオーバーした音楽映画作品
※ファンクラブで先行上映

◎オフィシャルサイト
http://singliketalking.jp