2017、最注目のK-POP9人組ダンスボーイズグループ『 SF9』、初の単独公演で感じさせた大きな可能性。 最新曲「Easy Love」からJ-POPカヴァーまで22曲を披露。


韓国出身の注目の9人組ダンスボーイズグループSF9( エスエフナイン)が、8月4日、東京・豊洲PITで、 初の単独公演『SF9 1st Concert in Japan “Fanfare”』を開催。8月2日の大阪・Zepp Osaka Baysideと併せた2公演で、約5000人を集めた。

SF9はヨンビン、ジュホ、フィヨン、 チャニの4人のラッパーと、インソン、ジェユン、ダウォン、 ロウン、テヤンの5人のボーカルから成る9人組グループで、 2016年10月に韓国で、 2017年6月に日本でもデビューしたばかり。 グループ名SF9は、“Sensational Feeling 9(世界を驚かせる9人の少年たち)”の頭文字に由来している。 日本デビューに先駆けた4月7日には東京・TSUTAYA O- EASTでトークパートとライブパートで構成されたショーケース 『SF9 1st SHOWCASE IN JAPAN “Fanfare”』を開催し好評を納めたが、 ワンマンライブは日韓でも初の経験。 ダンサーやゲストなどは入れず9人のメンバーだけで、 日本デビュー曲「Fanfare -Japanese ver.–」や、 8月2日にリリースされたばかりの日本2ndシングル「Easy Love -Japanese ver.-」など22曲、約2時間のライブを展開した。

オープニングの「ROAR -Japanese ver.–」は車のエンジン音を模したハードな曲。 スタートからメンバーたちの気合と気迫が伝わってくる。 テヤンがアクロバティックを見せるとひときわ大きな歓声が上がり 、会場が熱気で包まれる。続く「Easy Love -Japanese ver.-」では、 イントロでメンバーの名前をひとりずつ叫ぶファンのコールもバッ チリ。ジャケットをはだける振付で「キャー」と沸かせ、 冒頭からステージとフロアの一体感が高まる。

 

日本デビュー2ヶ月でまだまだ日本語がおぼつかないが、 MCも通訳を介さずすべて日本語で。 カミカミになってもすかさずムードメーカーのダウォンがそれを笑 いに変えるチームワークが冴えたが、 ダウォンは前日のリリースイベントで芸人・永野に伝授された「 ラッセン」 ネタを絶妙なタイミングで取り入れて客席を巻き込むなど、 バラエティ力の高さも見せた。

日本ではこれまで2枚のシングルを、韓国ではシングル1枚、 ミニアルバム2枚、デジタルシングル1作をリリース。 オリジナル曲のほとんどを披露したことになるが、「Hide and Seek」を筆頭にこのライブのために振りを付け、 初パフォーマンスをする曲も多かった。

また、中盤ではロウンとジェユンがGReeeeNの「キセキ」、 インソンが平井堅の「瞳をとじて」、ヨンビン、ジュホ、 フィヨン、ダウォンが嵐の「Love so sweet」という韓国でも人気が高いドラマ主題歌となったJ- POP曲を日本語でカヴァー。5月に日本で開催された『KCON 2017 JAPAN』で披露したINFINITE+EXO+ 防弾少年団のK-POPスペシャルメドレーも披露。さらに、 ブルゾンちえみで注目されたAustin Mahoneの「Dirty Work」もカヴァーし、メンバーひとりひとりが個性ある「 35億」を見せて笑いを集めた。

ほかにも映像を上手く使ったチャニとテヤンのよるダンスパフォー マンスや、フィヨン、ヨンビン、ジュホ、 チャニのラッパーラインによる「Around Farewell」など、 メンバーの個性あふれるパフォーマンスもしっかりと見せてくれた が、9人のメンバーのバランスよく、 それぞれ実力があることがわかる構成となっていた。

SF9はオリジナル曲のバラエティが豊かなグループだ。 日本デビュー曲「Fanfare -Japanese ver.–」 のようなパフォーマンスを重視したハードな楽曲もあれば、 日本2ndシングル「Easy Love -Japanese ver.-」のようなメロウな曲もある。また、 前述のラップラインだけのパフォーマンス曲や、「So Beautiful」 のようにボーカルラインとラップラインのそれぞれの見せ場を持っ た曲や、「Still My Lady」のようなポップバラードから「Jungle Game」「K.O.」 のように超絶難易度のパフォーマンス曲まで、 飽きることがない幅の広さを改めて示した。

また、曲中でことあるごとに末っ子のチャニをかわいがったり、 メンバー同士でわちゃわちゃしたりと仲のよさやチームワークの高 さも見ている側に伝わる。パフォーマンス、楽曲、チームワーク、 バラエティ力、すべてにおいて大きな可能性を感じさせるSF9。 このライブをファーストステップに、 どこまで大きな会場に行けるかが楽しみなグループだ。

1stライブ後は、8月6日の大阪・マーチャンダイズ・マート 展示ホールB・Cでの日本2ndシングル『Easy Love』のリリースイベントで今回の日本活動を終える。なお、 8月2日にリリースした日本2ndシングル『Easy Love』は、 発売初日にオリコンデイリーチャート4位にチャートインしている 。

この後は、12月16日~17日には、千葉県・ 幕張メッセで行われる、事務所主催のフェス『2017 FNC KINGDOM IN JAPAN -MIDNIGHT CIRCUS-』 にFTISLANDやCNBLUEらと出演予定。

【SF9初の単独公演「SF9 1st Concert in Japan “Fanfare”」 豊洲PIT公演】
■東京 豊洲PIT 2017年8月4日(金) 18:00開場 / 19:00開演
♪01【. ALL】INTRO + ROAR -Japanese Ver.-
♪02【. ALL】Easy Love -Japanese Ver.-
♪03【. ALL】Still My Lady -Japanese Ver.-
♪04【. ALL】Hide and Seek
♪05【. ALL】4 Step
♪06【. ALL】JJungle Game -Japanese Ver.-
♪07【. ロウン , ジェユン】キセキ
♪08【. インソン】瞳をとじて
♪09【. チャニ , テヤン】DANCE PERFORMANCE
♪10【. ヨンビン , ジュホ , フィヨン , ダウォン】 Love so sweet
♪11【. ALL】 Dirty Work
♪12【. ALL】Be Mine(from INFINITE) + Growl(from EXO)+ I NEED YOU(from 防弾少年団)
♪13【. ALL】Why
♪14【. ALL】Together
♪15【. ALL】Watch Out
♪16【. ALL】tell me what it is
♪17【. ALL】K.O. -Japanese Ver.-
♪18【. ALL】Fanfare -Japanese Ver.-
[アンコール]
♪19【. フィヨン , ヨンビン , ジュホ , チャニ】 Around Farewell
♪20【. ALL】So Beautiful
♪21【. ALL】Easy Love (KR)
♪22【. ALL】Fanfare (KR)

【リリース情報】
2ndシングル「Easy Love」
2017年8月2日発売

◆初回限定盤A  WPZL-31345/6(CD+DVD)+ブックレット24P \1,800(税込)
[CD]
M1. Easy Love –Japanese ver.-
M2. Still My Lady –Japanese ver.-
[DVD]
1.Easy Love –Japanese ver.- [Music Video]
2.Easy Love –Japanese ver.- [Jacket Making &Music Video Making]
■封入特典:トレーディングカード( 19種類のうち1枚をランダム封入 )

◆初回限定盤B WPZL-31347/8 (CD+DVD) +ブックレット24P \1,800(税込)
[CD]
M1. Easy Love –Japanese ver.-
M2. Still My Lady –Japanese ver.-
[DVD]
1. Easy Love [LIVE from CNBLUE SPRING LIVE 2017 ~ Shake! Shake! ~ 日本武道館 2017.5.18]
2. Fanfare -Japanese ver.- [LIVE from CNBLUE SPRING LIVE 2017 ~ Shake! Shake! ~ 日本武道館 2017.5.18]
■封入特典:トレーディングカード( 19種類のうち1枚をランダム封入 )

◆通常盤 WPCL-12707 (CD) ¥1,200(税込 )
[CD]
M1. Easy Love –Japanese ver.-
M2. Still My Lady –Japanese ver.-
M3. Jungle Game –Japanese ver.-

[特典(※初回プレス分のみ封入)] トレーディングカード(19種類のうち1枚をランダム封入)
※「トレーディングカード」は、「 個別握手会参加権利付きトレーディングカード」・「 個別2ショット撮影会参加権利付きトレーディングカード」・「 スペシャルプレゼント応募券付きカード」 の19種の内1枚がランダムで封入されます。

【ライブ情報】
FNCファミリーが集うコンサート「2017 FNC KINGDOM IN JAPAN -MIDNIGHT CIRCUS-」開催決定!
幕張メッセ 国際展示場
2017年12月16日(土) 15:00 開場 16:00開演
2017年12月17日(日) 15:00 開場 16:00開演
FNC KINGDOM 特設サイト:http://www.fnckingdom. jp/

【番組情報】
AbemaTVでSF9特別番組放送決定!
SF9『Easy Love』リリース記念!SP
8/11(金)20:00~
<放送URL>
https://abema.tv/channels/k- world/slots/CDxCxrUhvPM5ZH

【SF9プロフィール】
日韓そしてアジア各国で活躍するロックバンドFTISLANDや CNBLUE、 そして最も注目されるガールズグループへと成長したAOAらを輩 出したFNC ENTERTAINMENTによる9人組ダンスボーイズグループ ”SF9” が遂にベールを脱いだ。ヨンビン、インソン、ジェユン、 ダウォン、ロウン、ジュホ、テヤン、フィヨン、 チャニの9名で構成された彼らは、 デビュー前からFNC独自のトレーニングシステム「NEOZ SCHOOL」を通して様々な分野の実力を磨き、韓国テレビ局” Mnet”のリアリティ番組「d.o.b -Dance or Band-」に出演し人気を集めてきた。
昨年10月、シングル「Feeling Sensation」を発表し、 韓国の音楽シーンに正式デビュー。タイトル曲「Fanfare」 は“Trap Hip Hop”と“Electro” が混在したダンサブルなヒップホップトラックで構成され、 時流に乗ったサウンドとSF9 の華麗なパフォーマンスが調和を成す。 9人のメンバーによって繰り出す完璧な群舞は彼らのデビューを長 い間待っていたファンを十分に満足させ、今年2月には韓国1st ミニアルバム「Burning Sensation」をリリースし、 彼らの世界観をさらにパワーアップさせたパフォーマンスで多くの ファンを魅了させた。6月7日、ワーナーミュージック・ ジャパンより日本メジャーデビュー、 オリコンウィークリーシングルチャート6位を記録。

【関連リンク】
SF9 JAPAN OFFICIAL SITE & SNS
■SF9 JAPAN OFFICIAL SITE:http://sf9-official.jp
■SF9 JAPAN OFFICIAL SNS 情報
Twitter:https://twitter.com/ SF9_official_jp
Facebook:https://www.facebook. com/SF9.official.jp
Instagram:https://www. instagram.com/sf9_official_jp