佐藤竹善、SING LIKE TALKINGデビュー30周年イヤー目前に豪華メンバーらと共にビルボードライブ東京でツアーファイナル! 満場の観客がスタンディング・オベーションに


SING LIKE TALKINGの佐藤竹善(Vo.)が、各地を巡ってきたライブ・イベント【佐藤竹善 Live! The Best Of Cornerstones】の最終公演を、11月30日(木)に東京 ビルボードライブ東京で開催した。

春に行った東京 かつしかシンフォニーヒルズでの初日公演を皮切りに、大阪 オリックス劇場【佐藤竹善 Presents Cross your fingers 19 ~Cornerstones Anniversary Contents~】とのコラボイベントも行い、愛知、神奈川、富山、大阪、そしてこの日のビルボードライブ東京と計7公演を実施。

さらにSING LIKE TALKINGとしても初夏に『6月の青い空』、秋にはサラ・オレインをフィーチャリングした『闇に咲く花 ~The Catastrophe~』と立て続けにシングル・リリースも行うなど、SING LIKE TALKING デビュー30周年という節目を目前に控える中、精力的な活動で音楽ファンを楽しませてきた。

そんな彼の強靭なバイタリティ、ミュージシャンとしての果てなきチャレンジ精神は、この日、ビルボードライブ東京における【佐藤竹善 Live! The Best Of Cornerstones】の最終公演からもひしひしと感じとることができた。

本公演は観客入れ換えの2部制のステージとなり、バンドメンバーはサザンオールスターズの松田弘(dr)を筆頭に、安部 潤(key)、大島俊一(sax、key)、河野充生(b)、黒田晃年(g)と歴戦のトップ・プレイヤーたちが集結。

日本屈指のヴォーカリストである佐藤竹善の歌声を、持てるスキルの限りで彩っていくのだ。そして会場は、10周年を迎えた今年に音響システムを一新し、世界最高峰のエンターテインメントを提供し続けているビルボードライブ東京。これまでも全国各地の素晴らしい音楽環境の中で、最高のバンドサウンドを鳴らしてきたが、その締めくくりに相応しいロケーションでのステージとなった。

公演内で披露される楽曲は、カヴァー集シリーズ“CORNERSTONES”のベストセレクションアルバム『The Best of Cornerstones 1 to 5 ~The 20th Anniversary~』(2016年リリース)に収録された楽曲が中心だ。ボビー・コールドウェル「What You Won’t Do For Love」で幕を開けると、エレクトリック・ライト・オーケストラ「Last Train To London」、チャカ・カーン「Whatcha’ Gonna Do For Me?」と序盤は華やかなポップスをセレクト。
軽やかな中にもムーディな色気を漂わせるさすがの手腕で、観衆を魅了していく。また、「ここだけの話、ヴォーカリストはオリジナルよりカヴァーばっかり歌ってる方が楽しいですね」というトークで会場を沸かせれば、この日は「1曲でも多く聴いてもらいたい」という思いのもと、SING LIKE TALKINGのライヴやこれまでの【佐藤竹善 Live! The Best Of Cornerstones】ではおなじみだった長尺のMCは封印。
イーグルスや、先日他界したトム・ペティが心から憧れていたというランディ・ニューマンからイルカの代表曲「雨の物語」(作詞・作曲:伊勢正三)、アラン・パーソンズ・プロジェクトとスティーヴィー・ワンダーの間にGAO「サヨナラ」を挟むなど、和洋取り揃えた名曲の数々を次々に歌い上げて喝采を集めた。2部のアンコールでは、高校生の頃に練習しまくっていた楽曲を、それから40年近く経った今にしてついにステージで歌えると、パブロ・クルーズ「Love Will Find A Way」を熱唱するレアなアクトも。最後はアコギを手に、エリック・クラプトンが世に知らしめた大名曲「Change The World」(原曲:ワイノナ・ジャッド)を披露し、スタンディング・オベーションが巻き起こる大団円で半年あまりに渡り各地で開催し、大盛況を記録し続けてきた【佐藤竹善 Live! The Best Of Cornerstones】を締めくくった。

なお、今後も佐藤竹善はライブが予定されており、12月は新潟、金沢、名古屋、下関にて【佐藤竹善 with The Jazz Creatures Your Christmas Night 2017】を開催。SING LIKE TALKING 30周年が本格化する2018年は、1月から東京、大阪、名古屋、仙台でツアー【SING LIKE TALKING 2018 The Tour with Next Generation】を行い、1月17日(水)には4年半ぶりのオリジナル・アルバム『Heart Of Gold』をリリース。佐藤竹善はソロとしても、3月に【上妻宏光 “Standard Songs" feat.佐藤竹善2018-三味線とPIANOで奏でる名曲達-】に出演することが決定している。

* 『6月の青い空』(映画『Music Of My Life』主題歌 / 読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」エンディングテーマ)
* 『闇に咲く花 ~The Catastrophe~』(読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「ブラックリベンジ」主題歌)

◎CD情報
佐藤竹善 アルバム『The Best of Cornerstones 1 to 5 ~The 20th Anniversary~』UPCH-2100/2 価格:3,900円(税抜)
アルバム『My Symphonic Visions ~CORNERSTONES 6~ feat. 新日本フィルハーモニー交響楽団』
UPCH-2099 価格:3,000円(税抜)

SING LIKE TALKING アルバム『Heart Of Gold』
2018年1月17日(水) RELEASE

[初回限定盤(CD+DVD)]
UPCH-7381 価格:4,320円(税抜)

[通常盤]
UPCH-2146 価格:3,200円(税抜)

◎アナログ
SING LIKE TALKING アルバム『Heart Of Gold』
2018年2月21日 発売  
1枚組み
UPJH-9059 ¥4,536(税込)/¥4,200(税抜)
※CD収録のBonus Track「闇に咲く花 ~The Catastrophe~ (Single Version)」の
収録はありません。全10曲収録。

佐藤竹善 LIVE
【佐藤竹善 with The Jazz Creatures Your Christmas Night 2017】
【日程】2017/12/07 (木)
【会場】新潟市音楽文化会館
【開場】18:30【開演】19:00
【料金】前売:¥6,500- (税込) / 当日:¥7,000- (税込)
【席種】全席指定
【チケット一般発売】2017/08/26 (土) 10:00
【問合せ】FOB 新潟025-229- 5000 (平日11:00〜18:00)
【備考】未就学児童入場不可

【日程】2017/12/08 (金)
【会場】北國新聞 赤羽ホール
【開場】19:00【開演】19:30
【料金】前売:¥6,500- (税込) / 当日:¥7,000- (税込)
【席種】全席指定
【チケット一般発売】2017/08/26 (土) 10:00
【問合せ】北國新聞赤羽ホール 076-260- 3555
   エンタメスタイル 076-256- 5538
【備考】未就学児童入場不可

【日程】2017/12/16 (土)
【会場】名古屋ブルーノート
<1st. ステージ>
【開場】16:00【開演】17:00
<2nd ステージ>
【開場】19:00【開演】20:00
【料金】一般:¥11,500- (税込) / 名古屋 BN メンバーズ:¥11,100- (税込)
共にクリスマスプレート付
【チケット一般発売】2017/08/04 (金) 11:00
【問合せ】名古屋 ブルーノート 052-961- 6311
【日程】2017/12/17 (日)
【会場】下関 Jazz Club BILLIE
【開場】16:30
【開演】18:00 2ステージ制 入れ替えなし
【料金】LIVE+1DRINK¥8,500- (税込) / LIVE+DINNER+1DRINK¥11,000- (税込)
【チケット一般発売】2017/07/23 (日) 19:00
【問合せ】Jazz Club BILLIE 083-263- 6555 (11:30 ~ 月曜定休)
【備考】チケットのご予約はお一人様につき4枚まで
【SING LIKE TALKING 2018 The Tour with Next Generation】

2018年1月20日(土) 東京 豊洲PIT
2018年1月27日(土) 大阪 Zepp Namba
2018年2月12日(月・祝) 愛知 Zepp Nagoya
2018年2月24日(土) 宮城 仙台PIT
2018年3月25日(日) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
30周年記念特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/sing- like-talking/30th/