福山雅治  日本テレビ系水曜ドラマ「正義のセ」主題歌歌う! 主題歌・福山雅治×主演・吉高由里子、8年ぶりにタッグ! 福山は日テレ系ドラマ主題歌は3年ぶり!



福山雅治が、4月11日放送スタートの日本テレビ系水曜ドラマ「正義のセ」の主題歌を歌うことがこの度発表された。福山雅治と吉高由里子の主題歌×主演のタッグは、2010年の日本テレビ系土曜ドラマ「美丘」以来、8年ぶりとなる。また、福山雅治の日本テレビ系ドラマ主題歌は、2015年の水曜ドラマ「花咲舞が黙ってない」以来、3年ぶり。楽曲タイトルは「失敗学」。

福山は主題歌を担当するにあたり、
「この度は「正義のセ」主題歌を担当させて頂くこととなり、大変光栄に思います。主題歌のタイトルは「失敗学」です。主人公・凜々子はとても勇気のある人。未熟ながらも自身の信念のために他者とぶつかることを恐れない人。共感すると同時に、恥ずかしながら「でも僕にはそんな生き方は勇気がなくて出来てない…」とも思いました。ならば、そんな僕のような人や、凜々子の周りに居る人たちに出来ることは何なのか?との思いで生まれてきた楽曲です。人生はすべてうまくいくことなど皆無で、誰しもが必ず失敗を経験する。ですが、失敗から学びや気付きを得ることで成功に近づいてゆくのも事実。勇敢な凜々子を見ていて浮かんだエール(応援)は「失敗する人が成功する」と言う言葉です。凜々子の不器用な背中を少しだけ後押しながら、彼女と共に少しでも前に進んで行けるような楽曲になれたらとの思いで描きました」とコメント。

<吉高由里子さん コメント>
私の初主演作の「美丘」も福山さんの主題歌でした。今回も福山さんが担当してくださると聞いてそのことを思い出し、もう8年もたったんだなと実感しています。優しく応援してくれて、“よっしゃ明日も頑張ろう”と元気になれる曲です。私にとって20代最後になる今回のドラマを、この曲と一緒にお届けすることができてとても嬉しいです。

<日本テレビ制作局プロデューサー 加藤正俊 コメント>
吉高さんが演じる主人公は、不器用で失敗しながらも成長していく愛すべきキャラクター。そんな彼女の背中を押してくれるような主題歌にしたいと思い、福山さんにお願いしました。福山さんらしい前向きな応援ソングで、ドラマの世界観とテーマにぴったり合っています。見てくださった方もきっと力をもらえる曲です。どうぞご期待ください。

2018年4月11日スタートの日本テレビ系 新水曜ドラマ「正義のセ」。

170万部を超えるベストセラー『聞く力 心をひらく35のヒント』の阿川佐和子氏が書いたシリーズ小説『正義のセ』をドラマ化!主演の吉高由里子が演じるのは、仕事も恋もあきらめない駆け出し検事・竹村凜々子(りりこ)。融通が利かない性格で、正義のために声を出し、喜び、笑い、泣き、怒る。まっすぐすぎて、つい「頑張れ!」と応援したくなるヒロイン。
そんな女性検事の痛快ストーリー、「お仕事ドラマ」です。

<内容>
主人公・竹村凜々子(りりこ)(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁港南支部に配属された2年目の検事。感情豊かで家族思い、弱い立場にいて困っている人がいると放っておけない。
そんな凜々子も検事としてはまだまだ新米。日々起きる事件にまっすぐに挑むが、頑固で融通が利かない性格のため、ついつい失敗してしまう。その上、仕事だけじゃなく私生活でも問題ばかり……。だが、凜々子は決してあきらめない。検事として悩み苦しみながらも挫けず事件と向き合い、女としての幸せも追い続ける。そして、本物の事件や身の回りの騒動を解決していくうちに、検事として、女性として成長していく――。

<番組概要>
【タイトル】 「正義のセ」
【放送枠】 4月11日スタート 毎週水曜よる10時~11時放送 (初回10分拡大)
【出演者】 吉高由里子 安田顕 三浦翔平 広瀬アリス 寺脇康文 生瀬勝久 他
【原作】 阿川佐和子「正義のセ」シリーズ(角川文庫)
【脚本】 松田裕子
【チーフプロデューサー】 西憲彦
【プロデューサー】 加藤正俊  鈴木香織(AXON)
【演出】 南雲聖一 明石広人 岩﨑マリエ
【制作協力】 AXON
【製作著作】 日本テレビ
【番組公式HP】 https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/